アレクサンダー・クコリ(セルビア)

アレクサンダー・クコリ(セルビア) KUKOLJ Aleksandar

KUKOLJ Aleksandar
29歳 1991/9/9
WR:28位 組み手:左組み
得意技:左内股、肩車、谷落、隅落
使用技:左小外刈、左体落、左釣込腰、左小内刈、左大外刈、左支釣込足

2021年ブダペスト世界選手権銀メダリスト。もと90kg級のトップ選手だったが、ライバルのネマニャ・マイドフ(セルビア)に追われる形で昨年(2020年)10月から階級を変更。少しずつ序列を上げ、決勝進出するしかない状況で迎えた6月のブダペスト世界選手権でみごと2位入賞。大逆転で五輪出場を決めた。長身選手であり、リーチの長さを生かして釣り手で後帯や背中深くを持つのが得意の形。得意技の左内股は前襟や奥襟を持ってのオーソドックスな形のほか、釣腰の理合で相手を吊り上げる形も用いる。肩車も得意としており、正面から仕掛ける通常の形のほか、外から腋下に頭を差し入れる変則の形も使用する。

“あるく近柔”からのひとこと

「”ラコビカ”というセルビアで最も古い柔道クラブ出身。体力があり余っていた幼少時代に親の勧めで取り組んだのが柔道を始めたきっかけとのこと。もと大学の准教授で、経済学の修士号を取得しています。学ぶこと自体が好きで、幼い頃から学校の成績は常にトップ。あまり家庭が裕福ではなく、親と妹を養わねばならないというのも勉強のモチベーションになったとのこと。柔道で成績を出し、政府や所属先、五輪委員会から手厚い援助を受けられるようになったそうです。柔道以外のスポーツも好き。道場を経営しながら稽古を積み、階級を上げて東京五輪へ臨む。」

※本名 甲斐田謙 太宰府少年武道会→基山中→西日本短大附高→東海大。現在ハンガリー・ツェグレード在住、同国のクラブで柔道指導に携わる。
https://twitter.com/Arukin0405

おもな戦績

2021年 ブダペスト世界選手権 2位
2017年 ブダペスト世界選手権 5位 ※90kg級
2017年 ヨーロッパ選手権 優勝 ※90kg級

最近の成績

2021年6月 ブダペスト世界選手権 2位
2021年5月 グランドスラム・カザン 5位
2021年4月 欧州選手権 2回戦敗退

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

東京世界柔道選手権2019での記事

KUKOLJ Aleksandar
27歳 1991/9/9
WR:7位
組み手:左組み
得意技:左内股、肩車、谷落、隅落
使用技:左小外刈、左体落、左釣込腰、左小内刈、左支釣込足

2017年ヨーロッパ選手権王者。2016年リオデジャネイロ五輪直前の強豪が大会出場を絞った時期に台頭し、そのまま階級の上位陣に定着した。長身を生かした柔道が持ち味。得意技はあらかじめ腰を切った状態からワンステップで飛び込む左内股。体の捨て方が上手く、そのまま前転するようにして縦回転で投げ切ってしまう。長い足を伸ばして仕掛ける谷落や、組み際の肩車、横落も得意。寝技にも積極的で、足の長さを生かした「横三角」からの崩上四方固や腕挫十字固による勝利も多い。

おもな戦績

2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 5位
2017年 ブダペスト世界選手権 5位
2017年 ヨーロッパ選手権 優勝

最近の成績

2019年7月 グランプリ・ザグレブ 2回戦敗退
2019年7月 グランプリ・ブダペスト 7位
2019年6月 ヨーロッパ選手権 3回戦敗退

更新日:8月24日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧