アッティラ・ウングヴァリ(ハンガリー)

アッティラ・ウングヴァリ UNGVARI Attila

UNGVARI Attila
30歳 1988/10/25
WR:26位
組み手:右組み
得意技:右大内刈、右小内刈、寝技
使用技:右小内巻込、右小外掛
寝技得意技術:ボーアンドアローチョーク

2009年ロッテルダム世界選手権73kg級で7位を獲得するも、ドーピング問題で2011年から2年間の出場停止処分を受け、以降は長く81kg級の中堅選手であった苦労人。2017年シーズンに28歳で再ブレイクを果たした。再浮上のきっかけは、現在あらゆる階級で標準技術となっている「ボーアンドローチョーク」。2017年グランプリ・デュッセルドルフではこの技で「一本」の山を築き、以降の大流行のきっかけを作った。立技では背中を抱いた状態から一気に体を開いて仕掛ける右大内刈と、同じ形からの右小内刈を得意としている。兄は73kg級のミクロス・ウングヴァリ(ハンガリー)。2018年は一時的に成績が低迷したが、近頃再び調子を上げてきている。

おもな戦績

2017年 グランプリ・ザグレブ 優勝
2017年 グランプリ・デュッセルドルフ 2位
2009年 ロッテルダム世界選手権 7位 ※73g級

最近の成績

2019年7月 グランプリ・ブダペスト 3位
2019年6月 ヨーロッパ選手権 3位
2019年4月 グランプリ・アンタルヤ 2回戦敗退

更新日:8月23日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧