サギ・ムキ(イスラエル)

サギ・ムキ(イスラエル) MUKI Sagi

MUKI Sagi
29歳 1992/5/17
WR:2位 組み手:両組み
得意技:右袖釣込腰、左袖釣込腰、右背負投、左背負投
使用技:右大外刈、左大外刈、左大腰、左釣込腰、左浮腰、右払腰、右内股、左小外掛、谷落、右体落

2019年東京世界選手権金メダリスト。かつて73kg級のトップ選手だったが、リオデジャネイロ五輪後に階級を上げた。組み手の左右を選ばず威力ある担ぎ技を仕掛けられることが最大の強みで、強烈な絞りで相手の袖を切り、片襟や両袖の背負投、袖釣込腰を仕掛ける。両袖で袖釣込腰の形に上体を固定して仕掛ける左右の大外刈も得意としている。密着しての攻防も苦にせず、相手の脇を差しての左大腰など、豪快な腰技での勝利も多い。戴冠後は柔道の幅を広げるためか敢えて相手と二本組み合っての勝負を志向しており、成績自体は低迷中。五輪本番ではもっとも強い本来の片襟、両袖スタイルに戻してくると予想され、変わらず優勝候補の1人である。受けの強さも特筆もので「柔らかい。飛ばない」との証言が続出している。

“あるく近柔”からのひとこと

「オーレン・スマジャ氏のクラブ所属で、スマジャ氏の得意技である袖釣込腰を受け継ぐ存在。一昨年の世界選手権優勝後は日本円で月収210万円をスポンサーから毎月援助されているそうです。ちなみに、スマジャ氏は五輪メダリストで有名ということもあり、クラブにもスポンサーが沢山集まるそうです。ムキ選手と乱取りをした人曰く、“的がなくて技がハマらない”とのこと。乱取りしたみた感覚が、フランスのリューシー・デコス氏と似ているとの感想もあり。」

※本名 甲斐田謙 太宰府少年武道会→基山中→西日本短大附高→東海大。現在ハンガリー・ツェグレード在住、同国のクラブで柔道指導に携わる。
https://twitter.com/Arukin0405

おもな戦績

2019年 東京世界選手権 優勝
2018年 ヨーロッパ選手権 優勝
2016年 リオデジャネイロ五輪 5位 ※73kg級

最近の成績

2021年5月 グランドスラム・カザン 2回戦敗退
2021年4月 欧州選手権 3位
2021年2月 グランドスラム・テルアビブ 2回戦敗退

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

東京世界柔道選手権2019での記事

MUKI Sagi
27歳 1992/5/17
WR:2位 組み手:右組み
得意技:右袖釣込腰、左袖釣込腰、右大外刈、左大外刈
使用技:、右払腰、右内股

2018年ヨーロッパ選手権王者。もとは73kg級の選手だったが、リオデジャネイロ五輪後に階級を上げた。今年は出場した5大会のうち4大会で決勝に進出、さらに3大会で優勝と非常に勢いに乗っている。強烈な袖の絞りが柔道の生命線で、相手の袖を切り落とす「守り」からそのまま直接攻撃に繋げることができる攻防一致のスタイル。得意技は両袖からの左右の袖釣込腰と、袖釣込腰の形に上体を固定して仕掛ける左右の大外刈。組み際に片襟を差しての背負投も得意としており、こちらも左右両方で仕掛けることができる。以前は相手との駆け引きで試合を作る巧者タイプであったが、投げの威力がアップするに従い、ひたすら投げを狙って豪快に投げまくる、現在のスタイルへと変貌を遂げた。

おもな戦績

2019 グランドスラム・エカテリンブルク 優勝
2018年 ヨーロッパ選手権 優勝
2016年 リオデジャネイロ五輪 5位 ※73kg級

最近の成績

2019年7月 グランプリ・ブダペスト 3回戦敗退
2019年5月 グランドスラム・バクー 優勝
2019年3月 グランドスラム・エカテリンブルク 優勝

更新日:8月23日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧