アルチュール・マルジェリドン(カナダ)

アルチュール・マルジェリドン(カナダ) MARGELIDON Arthur

MARGELIDON Arthur
27歳 1993/10/12
WR:8位 組み手:左組み
得意技:左内股、右小内巻込
使用技:左大外刈、左大内刈、左小外掛、左内股(やぐら投げ)、右袖釣込腰、右一本背負投、左背負投、肩車、浮落、谷落、抱分、隅落、移腰

ワールドツアー上位常連。トミー・マシアス(スウェーデン)と並ぶ、階級を代表する曲者タイプ。2017年以降はコンスタントに成績を残しており、出場したほとんどの大会で上位戦に勝ち上がっている。得意技は組み際に仕掛ける、組み手と逆の右小内巻込。相手が警戒していても投げ切ってしまうスピードと威力がある。近年は地力が上がり、袖と襟の二本を持っての左内股による得点が増加中。密着勝負も好んで挑むようになり、豪快な移腰も用いるなど本格派志向。すこしづつ曲者としてのカラーは薄れてきている。伏せ際を狙う寝技も得意で「ボーアンドアローチョーク」をよく使用している。

おもな戦績

2019年 ワールドマスターズ広州 2位
2017年 グランドスラム東京 2位
2016年 パンナム選手権 優勝

最近の成績

2021年4月 グランドスラム・アンタルヤ 3位
2021年3月 グランドスラム・トビリシ 2位
2021年1月 ワールドマスターズ・ドーハ 2回戦敗退

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

東京世界柔道選手権2019での記事

MARGELIDON Arthur
25歳 1993/10/12
WR:8位
組み手:左組み
得意技:右小内巻込
使用技:左内股、左大外刈、左内股(やぐら投げ)、右袖釣込腰、右一本背負投、左背負投、浮落、谷落

2018年ワールドマスターズ準優勝者。トミー・マシアス(スウェーデン)と並んで階級を代表する「曲者」である。2017年以降はコンスタントに成績を残しており、出場したどの大会でも上位戦に勝ち上がっている。最大の武器は組み際に仕掛ける組み手と逆の右小内巻込で、得点のほとんどはこの技によるもの。相手の警戒をかいくぐって投げ切るだけのスピードと威力がある。このところ組み力が増してきており、その帰結として二本持っての左内股による得点が増えている。立技から寝技への移行もよく鍛えられており、「ボーアンドアローチョーク」など伏せ際の絞技には注意が必要だ。

おもな戦績

2019年 ワールドマスターズ広州 2位
2017年 グランドスラム東京 2位
2016年 パンナム選手権 優勝

最近の成績

2019年7月 グランプリ・ザグレブ 2位
2019年7月 グランプリ・モントリオール 5位
2019年5月 グランプリ・フフホト 3位

更新日:8月22日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧