永山竜樹(SBC湘南美容クリニック)

永山竜樹

NAGAYAMA Ryuju
28歳 1996/4/15
WR:4位 組み手:右組み

得意技:裏投、左一本背負投、右内股、左背負投(「スイッチ背負い」)
使用技:右背負投、右大外刈、左袖釣込腰、右小外刈、左小外刈、巴投

最軽量級の「無冠の帝王」。世界ランク上位者しか参加が許されない最高峰大会・ワールドマスターズで優勝3回(2017年、2019年、2023年)、グランドスラムでも優勝11回と圧倒的な成績を残していながら、世界選手権は4回参加して銅メダルが2つ(2018年バクー大会、2019年東京大会)。まだ頂点に手が届いていない。

「最軽量級でもひときわ小柄な体格」という特徴を最大限に生かした、永山にしかできない、オリジナルの柔道が武器。階級最上位クラスのパワーに、短躯ならではの小回りの良さと仕掛けの鋭さを掛け合わせ、驚異的な技の破壊力を生み出している。

基本属性はパワー派。得意技も一本背負投、内股、裏投と大技ばかりだ。なかでも裏投は、膝が着くほどの低空で相手をコントロールする、独自の技術となっている。飛び道具としては、瞬時に組み手をスイッチして仕掛ける左背負投を備えており、足技の切れ味も抜群。こと「相手を投げる能力」については、階級ナンバーワンと評して間違いないだろう。

直感を重視するタイプであり、本人曰く「相手の研究はしない」とのこと。相手のスタイルを気にし過ぎず、自分の最大値を正面からぶつけるストロングスタイルで勝負する。弱点は、地力があるゆえに相手の技を正面から受けてしまいがちなこと。コンディションが良ければそのままカウンターで投げ飛ばすが、不調時にはそのまま投げられてしまうことも珍しくない。

おもな戦績

2019年 東京世界選手権 3位
2018年 バクー世界選手権 3位
ワールドマスターズ 優勝3回(2017年、2019年、2023年)

最近の成績

2023年12月 グランドスラム・東京 優勝
2023年8月 ワールドマスターズ・ハンガリー 優勝
2023年6月 グランドスラム・ウランバートル 優勝

更新日:2024年5月18日(アブダビ世界柔道選手権2024特集)
監修:eJudo編集部

ブダペスト世界選手権2021での記事

NAGAYAMA Ryuju
25歳 1996/4/15
WR:1位
組み手:右組み
得意技:裏投、左一本背負投、右内股、左背負投(スイッチ背負い)
使用技:右背負投、右背負投(韓国背負い)、右大外刈、左袖釣込腰、右小外刈、左小外刈、巴投

2018年バクー世界選手権、2019年東京世界選手権の銅メダリスト。最軽量級でもひときわ小柄だが、パワーは階級ナンバーワンクラス。手足の短さは小回りの良さと鋭い技の入りを生み出す方向に作用、このパワーとスピードを掛け算させて独自の柔道を練り上げている。得意技はいずれも大技、一本背負投、内股、裏投。組み手を瞬時にスイッチしての左背負投や「韓国背負い」などの飛び道具も充実。膝がつくほどの低空で相手をコントロールする裏投など、誰にも真似のできない独自の技術も持っている。切れ味鋭い足技も備えており、こと「相手を投げる能力」については階級ナンバーワンと評して間違いない。

ライバルの世界王者・髙藤直寿(パーク24)との対戦成績は常に拮抗。明らかに世界を獲る力の持ち主であるが、なぜかここまで頂点には手が届いていない。本人も「まだ世界一になっていない」ことが東京五輪代表を逃した最大の因であると強く意識しており、この大会に懸ける覚悟は相当のものがある。出国前の取材会では「パリ五輪までもう代表争いをするつもりはない」とキッパリ。4度目の挑戦となるこのブダペスト世界選手権で、初の世界タイトル奪取を狙う。

おもな戦績

2019年 東京世界選手権 3位
2018年 バクー世界選手権 3位
ワールドマスターズ 優勝2回(2017年、2019年)

最近の成績

2021年3月 グランドスラム・タシケント 優勝
2020年 全日本選手権 2回戦敗退
2020年 グランドスラム・パリ 優勝

更新日:2021年6月3日(ブダペスト世界選手権2021特集)

関連記事一覧