ウラジミール・ゾロエフ(キルギスタン)

ウラジミール・ゾロエフ(キルギスタン) ZOLOEV Vladimir

ZOLOEV Vladimir
28歳 1993/4/8
WR:29位 組み手:左組み
得意技:左内股、左大内刈
使用技:左大外刈、左小外掛、巴投、抱分、裏投

2021年アジア・オセアニア選手権王者。同大会では2018年バクー世界選手権王者のサイード・モラエイ(モンゴル)を巴投「技有」で破るなどしてトーナメントの頂点に立った。長身を生かして袖と奥襟を持つオーソドックスな組み手から、左大内刈や左内股を仕掛ける。パワーを生かした返し技も得意としており、相手の伏せ際を狙っての抱分や、高く抱えあげての豪快な裏投などこちらでの得点も多い。

“あるく近柔”からのひとこと

「キルギス代表の選手ですが、出身はロシア。大野将平選手が優勝した2011年の世界ジュニア選手権ではロシア代表として出場し、同階級で3位に入賞しています。」

※本名 甲斐田謙 太宰府少年武道会→基山中→西日本短大附高→東海大。現在ハンガリー・ツェグレード在住、同国のクラブで柔道指導に携わる。
https://twitter.com/Arukin0405

おもな戦績

2021年 アジア・オセアニア選手権 優勝
2018年 グランプリ・タシケント 3位
2016年 グランプリ・アルマティ 3位

最近の成績

2021年6月 ブダペスト世界選手権 3回戦敗退
2021年5月 グランドスラム・カザン 2回戦敗退
2021年4月 アジア・オセアニア選手権 優勝

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

関連記事一覧