トート・クリスティアン(ハンガリー)

トート・クリスティアン(ハンガリー) TOTH Krisztian

TOTH Krisztian
27歳 1994/5/1
WR:3位 組み手:右組み
得意技:右背負投、左袖釣込腰、左内股(やぐら投げ)
使用技:右大内刈、裏投、右大外刈、右内股、左釣腰

世界選手権の上位常連。2014年チェリャビンスク世界選手権の銀メダル獲得を筆頭に、3位1回(2021年)、5位に4回(2013年、2017年、2019年)入賞している。強靭な体幹と無尽蔵のスタミナが武器で、担ぎ技と密着の2つのモードを持っている。得意技は右背負投と、密着しての左「やぐら投げ」。一時期は担ぎ技を連発する手数攻勢が基本戦法となっていたが、コロナ禍を経て地力が増したのか密着モードが復活。これが噛み合ってもっかワールドツアーでは5大会連続の表彰台登攀、さらに久々の世界選手権のメダル獲得といま非常に乗っている。

“あるく近柔”からのひとこと

「お父さんがアルジェリア人でお母さんがハンガリー人、彼自身はドイツで産まれたとのこと。母子家庭で、父親とはスカイプでしか対面したことがないそうです。ポケモンGOが大好き。幽遊白書、遊戯王のファン。奥さんは同じクラブの元チームメイト。一児のパパで子供の名前も彼と同じクリスティアーン、もうすぐふたりめが生まれる予定です。得意の“韓国背負い”は筑波大OBの粟野靖浩氏が伝授した物。子供の時から身長が低く、どうすれば大きい選手に勝てるか考えた結果、前襟中心の柔道スタイルになったとのこと。ドイツ語、英語、ハンガリー語の話者。歴史が大好きで、本人曰く『第一次世界大戦、第二次世界大戦で分からない問題は1つもない、全て答えられる』そうです」

※本名 甲斐田謙 太宰府少年武道会→基山中→西日本短大附高→東海大。現在ハンガリー・ツェグレード在住、同国のクラブで柔道指導に携わる。
https://twitter.com/Arukin0405

おもな戦績

2014年 チェリャビンスク世界選手権 2位
2021年 ブダペスト世界選手権 3位
世界選手権 5位4回(2013年、2017年?2019年)

最近の成績

2021年6月 ブダペスト世界選手権 3位
2021年4月 欧州選手権 3位
2021年4月 グランドスラム・アンタルヤ 3位

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

東京世界柔道選手権2019での記事

TOTH Krisztian
25歳 1994/5/1
WR:2位
組み手:右組み
得意技:右背負投
使用技:右大内刈、裏投、右大外刈、右内股、左内股(やぐら投げ)

2014年チェリャビンスク世界選手権銀メダリスト、弱冠20歳で世界2位を獲得した天才肌。当時の勢いは減じてしまったが、それでも2年連続で世界選手権5位を獲得するなど、コンスタントに成績を残している。得意技は切れ味鋭く一気に潜り込む右背負投。小柄ながら体幹が強靭で、力自慢のパワーファイターに真っ向勝負を演じる様は非常にエキサイティング。出世期には密着した状態からの「やぐら投げ」を多用していたが、このところの使用頻度は低め。現在はスタミナを生かした担ぎ技による連続攻撃を得意パターンとしている。手数で相手を圧倒しての「指導3」勝利も多い。前述の通りデビュー時に比べるとかなり勢いが落ちているのだが、その潜在能力の高さと「小さくて体の強い担ぎ系」というタイプ的な厄介さもあってか、日本の強化陣にはこの選手を買う声が高い模様。

おもな戦績

2018年 バクー世界選手権 5位
2017年 ブダペスト世界選手権 5位
2014年 チェリャビンスク世界選手権 2位

最近の成績

2019年7月 グランプリ・ザグレブ 3位
2019年7月 グランプリ・ブダペスト 3回戦敗退
2019年6月 ヨーロッパ選手権 3回戦敗退

更新日:8月24日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧