キム・ミンジョン(韓国)

キム・ミンジョン(韓国) KIM Minjong

KIM Minjong
20歳 2000/9/1
WR:14位 組み手:左組み
得意技:左背負投、肩車
使用技:右一本背負投、左一本背負投、左袖釣込腰、左内股、左大内刈、左小内刈、左小外刈、左小外掛、左大外刈、谷落

2019年東京世界選手権銅メダリスト。2017年世界カデ選手権90kg超級で優勝するなど、韓国ではスター候補として早い段階から期待されてきた大器。日本ではまだ無名の時代に金鷲旗に出場、村尾三四郎から肩車で「技有」を奪った(試合自体は「指導3」で村尾が逆転勝ち)。いまだに「あの“キム ミ”(※金鷲旗ゼッケン)が世界選手権3位のこの選手か」と驚く人が、結構いる。担ぎ技ファイターであり、得意技は左背負投と肩車。低重心体型を生かして、低く食らいつきながら得意の担ぎ技を狙う。左一本背負投、両袖の袖釣込腰など担ぎ技のバリエーションは豊富だ。ケンケンで追い込む左内股や距離を詰めての足技も得意としており、同系統の担ぎ技系とはこれらを軸に戦うことも多い。大先輩のキム・スンミンに競り勝って五輪代表に選出。

おもな戦績

2019年 東京世界選手権 3位
2021年 アジア・オセアニア選手権 2位
2019年 グランプリ・フフホト 優勝

最近の成績

2021年4月 アジア・オセアニア選手権 2位
2021年3月 グランドスラム・タシケント 3位
2021年1月 ワールドマスターズ・ドーハ 7位

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

東京世界柔道選手権2019での記事

KIM Minjong
18歳 2000/9/1
WR:34位
組み手:左組み
得意技:左背負投、肩車
使用技:左内股、左一本背負投、左袖釣込腰

韓国期待のスーパールーキー。2018年バクー世界選手権でシニアデビューを果たすと、いきなりベスト16入りを果たした。既に階級のトップ層を何人も撃破しており、その強さは現時点で表彰台クラスにあると見てよいだろう。今年5月のグランプリ・フフホトではワールドツアー初優勝を飾った。柔道スタイルは担ぎ技を中心としたものであり、得意技は左背負投。どっしりとした低重心の体型をしており、相手に食らいつきながら得意の担ぎ技を狙う。左方向への肩車や左一本背負投、両袖の袖釣込腰も用いる。実はケンケンで追い込む左内股も得意としており、担ぎ技を警戒させておいてこの技で仕留めることも多い。

おもな戦績

2019年 ユニバーシアード 3位
2019年 グランプリ・フフホト 優勝
2019年 アジア・パシフィック選手権 3位

最近の成績

2019年7月 ユニバーシアード 3位
2019年5月 グランプリ・フフホト 優勝
2019年4月 アジア・パシフィック選手権 3位

更新日:8月29日(東京世界柔道選手権2019特集)

関連記事一覧