テディ・リネール(フランス)

テディ・リネール(フランス) RINER Teddy

RINER Teddy
32歳 1989/4/7
WR:16位 組み手:右組み
得意技:右払腰、右払巻込、右大外刈、右内股、浮技、引込返、隅返
使用技:右大内刈、右支釣込足、右小外刈

世界大会の100kg超級で優勝10回(五輪2、世界選手権8)の絶対王者。フランス選手らしく引き手から持つ基本に忠実な組み手を行い、組み勝ってまず圧殺、ここから状況に応じた技で的確に仕留めに掛かる。持ち技は足技、腰技、捨身技など多彩。最近は右払腰とここから連絡しての右払巻込をよく用いている。実は相手の伏せ際を狙った「腰絞め」(送襟絞)も得意。

2016年まではひたすら圧殺して「指導」を重ねるリスクを取らないスタイルだったが、以後はルール改正に応じてスタイルを変更。「まず圧殺」「最後は投げる」新たなモードの柔道を作り上げた。2020年には2月のグランドスラム・パリで影浦心に内股透「技有」で敗れて連勝が「154」でストップ。さらに国内の団体戦でも無名選手のジョセフ・テヘーに「指導3」で敗れたが、コロナ禍を経て立て直し、2021年1月のワールドマスターズでは圧勝Vを飾った。以前は負けを極度に恐れるそのメンタルが弱点と見受けられたが、もっかは技術的にも精神的にもかなり成熟。心技体が高いレベルで揃ったさらに完成度の高い選手となりつつある。五輪というもっとも高いプレッシャーに晒される舞台でも変わらずこの成熟した柔道を見せてくれるのか、注目である。今年2月に左膝十字靱帯を断裂、2カ月間練習ができなかったとの情報があり、もっかのコンディションは未知数。

おもな戦績

2016年 リオデジャネイロ五輪 優勝
2012年 ロンドン五輪 優勝
世界選手権100kg超級8連覇(2007年~2017年)

最近の成績

2021年1月 ワールドマスターズ・ドーハ 優勝
2020年2月 グランドスラム・パリ 3回戦敗退
2019年10月 グランドスラム・ブラジリア 優勝

更新日:2021年7月18日(東京オリンピック特集)
監修:eJudo編集部

関連記事一覧